原田商会原田商会

スカイライン GT-R

BNR32 スカイライン GT-R

1989年に登場した3代目GT-R。GT-Rとしては16年ぶりに復活したモデルで、日産が行っていた「1990年代までに技術で世界一を目指す」という901運動のもと開発された一台である。

ATTESA ET-S、Super HICASといった当時の最新デバイスが搭載されているが、最大の特徴は専用設計されたエンジン 2.6リットル直列6気筒ツインターボRB26DETTだろう。
レースで勝利する為に開発されたこのエンジンは最高出力280ps/最大トルク40.0kgmを誇り、市販車の平均的な水準を大幅に上回る強度持つ。これは鋳鉄製のエンジンブロックを用いたことによるものだが、強度と引き換えにその重量と大きさによるフロントヘビーが欠点として挙げられた。

しかしグループAでは初参戦でデビューウィンを飾り、その後のレースでも圧倒的な強さと速さを見せる。

当社の車両はNISMO大森ファクトリーにてエンジンチューンされたファインスペック仕様で、R35 GT-R純正のレッドカラーでオールペンされています。

スペック

仕様項目 内容
販売開始時期 1989 年 08月
最高出力 280ps/6,800rpm
最大トルク 36.0kgf・m/4,400rpm
駆動方式 4WD
トランスミッション MT
乗車定員 4人
備考 NISMO ファインスペック