原田商会原田商会

ハイラックスサーフ

ハイラックスサーフ

オフロードからオンロードまで「トヨタハイラックスサーフ」

トヨタハイラックサーフはトヨタの大型 SUV で、トヨタのピックアップトラック「ハイラックスをベースに開発され設計を日野自動車が担当、製造を日野とトヨタの共同で行ってきた。

大きな特徴は、ピックアップトラックの荷台部分に脱着可能な FRP 製のリムーバルトップを架装して、海外では取り外してオープンエアーを楽しめた。日本国内でのオープン走行は認められなかったが、リアへのロールバー追加とフロントキャブのチルト式サンルーフの採用で、多用途レジャー仕様として若者の間で人気となった。

ただし、登録はライトバン扱いの4ナンバーであった。

1985 年には、オフロードの利点を生かしながら、オンロードでの走行性能を高めるために、フロントサスペンションをリーフリジットから、ダブルウイッシュボーンとトーションバースプリングに変更、操縦安定性と乗り心地が改善された。1986 年にはマイナーチェンジが行われ、ハイラックサーフに5ナンバー登録の AT 設定のワゴンモデルが追加された。

トヨタハイラックサーフは、初代の 60 系から四代目 N210 系まで 26 年間も生産され続けて、若者を中心にレジャービークルとして高い人気を誇った。

スペック

仕様項目 内容
販売開始時期 1983 年 10月
最高出力 88ps/4,800rpm
最大トルク 15.8kgf・m/3,400rpm
駆動方式 4WD
トランスミッション AT
乗車定員 5人