原田商会原田商会

ピアッツァ

ピアッツァ

1981年に絶版となった乗用車「117クーペ」の後継モデルとしてイタリアのデザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロにデザインを依頼したいすゞのFRスポーツ。

フロントのシャープで角ばったデザインから丸みを帯びたリアに変化していくボディラインや瞼を閉じたようなヘッドライトにジウジアーロの熱いこだわりが見て取れる一台であろう。

当時は全体的にシャープなエッジを持ったデザインが流行していたため発売当初の話題性とは裏腹に販売台数が伸び悩んではいたが、のちに国産車のスタイルが曲線を使う方向にシフトしていくとピアッツァの魅力も再認識されていった。

ドイツのチューニングメーカー「イルムシャー」が外装・足回りをカスタムした「イルムシャー・グレード」や、イギリスのロータスがサスペンションチューニングを施した「ハンドリングバイロータス」などのグレードも存在する。

スペック

仕様項目 内容
販売開始時期 1981 年 06月
最高出力 150ps/5,400rpm
最大トルク 23.0kgf・m/3,400rpm
駆動方式 FR
トランスミッション AT
乗車定員 4人
備考 2L ターボ ハンドリング バイ ロータス