原田商会原田商会

MR2

MR2

日本車初のミッドシップカーといえば、トヨタ「MR2」。1984 年に誕生その年の日本カーオブザイヤーを受賞した。

名前の由来は Midship Runabout 2seater の頭文字をとった名前であるミッドシップのレイアウトはスポーツカーやレーシングカーに取り入れられる魅力的なものであったが極限でのコントロールが難しく乗りこなすにはかなりのスキルが必要であった。
そんなミッドシップカーながら、トヨタが MR2 に求めたのは「誰にでも気軽に楽しんでもらえるスポーツカー」であり、その中には、当然、誰もが手の出しやすい価格での提供ということも含まれていた。

走り好きなオーナーに特に人気があり当初は販売台数が伸びなかったがバブル経済に突入したこともあり、2 シーターのスポーツカーでありながら好調な売り上げを記録した。

当車は 1986 年発売の改良型で(Gグレード)1600cc スーパーチャジャーが搭載され 145ps電動格納ドアミラー、ハイマウントストップランプ、エンブレムは七宝焼きである(のちにプラスチックに変更)AW型は全車パワーステアイングの設定はなかった変速機は 5 速MTである

ミッドシップカーは、身のこなしはいいし、速い事もあり話題の車であった1989 年に 2 代目に引き継がれる

スペック

仕様項目 内容
販売開始時期 1984 年 06月
最高出力 145ps/6,400rpm
最大トルク 19.0kgf・m/4,400rpm
駆動方式 MR
トランスミッション MT
乗車定員 2人
備考 スーパーチャージャー