原田商会原田商会

RX-7

RX-7 FC3S

マツダが自ら「ピュアスポーツカー」と言い切った車がこのFC3S RX-7。それほどまでにスポーツカーとしてのこだわりが詰め込まれている。

そのひとつがホイールベースの短さと独立懸架式に発展したリヤサスペンションからくるコーナリングの鋭さ。それは当時ブームであった4WS機構を彷彿とさせるものだった。
それに加え軽量ハイパワーの13Bロータリーエンジンと優れた空力特性、そして国産初となるアルミ4ポッドキャリパーブレーキにより、曲がる、走る、止まるの三拍子が揃った、まさに“ピュアスポーツ”に恥じない一台であった。

そしてFC3Sを語るうえで忘れてはならないのが、漫画「頭文字D」の存在だ。

この作品の爆発的人気により、主人公が操るAE86 と共にライバルの愛車であったFC3Sの人気もさらに急上昇したのは間違いないだろう。

スペック

仕様項目 内容
販売開始時期 1985 年 10月
最高出力 205ps/6,500rpm
最大トルク 27.5kgf・m/3,500rpm
駆動方式 FR
トランスミッション MT
乗車定員 4人
備考 後期型