原田商会原田商会

劇用ヨット・クルーザーのレンタルサイト

トランサイド

トランサイド(TRANSSIDE)
WESTERLY 38 OCEANRANGER
(ウエスタリー38オーシャンレンジャー)

建造:ウエスタリーヨット社(イギリス)
デザイナー:エド・デュボア


「世界一厳しい船級ロイズ企画をクリアーした英国の貴婦人!」


英国のウエスタリーヨット社は、英国ポーツマスに拠点を置き1963年からFRPセーリングボートの建造を始め2000年まで、ウエスタリー22から55フィートまで72艇種の建造を手掛け、1970年から90年ごろまで世界のセーリングクルーザー全盛の中で、英国を代表するセーリングボートビルダーとして活躍してきた。

ウエスタリー38オーシャンレンジャーは、エド・デュボアの設計により1989年の建造から2000年までに84艇が建造された。
設計のコンセプトは、家族や少人数でも、快適で安全な長距離クルージングを楽しめるように考えられており、全長11.58mには3キャビンと2ヘッドルームを持ち、カップルでも快適なプライバシーを確保している。

右舷側には大型シンクを備えたギャレーに、大型の冷蔵ストックボックス、オーブン付きクッカーなど、装備も充実。左舷側には、計器パネルを装備したチャートテーブル、その後ろに、クオーターバースが設置されている。
その横を通ってダブルバースのアフトキャビンに、手前にはシャワーヘッドルームがある。現在は、ストックルームになっている。バウ側手前には二つ目のシャワー&ヘッドルーム、ダブルバースのバウキャビンを備える。

大型のサロンは、ポート側にC型ソファー、スターボー側に2段バースを備え、キャビンの定員バースは8人分を確保して、大人数での快適なオーバーナイトクルージングにも対応している。

ハルは、フィンキールのセンターコックピット仕様で、スターンがわずかに絞られたデザインだ。リグは、ジブファーラー仕様のスループ仕様でスタックカバー式のレイジージャック仕様になっている。

エンジンは、広く、コンパニオンウエイの階段を外して、チャート側のパネルを外すとメンテナンス性は高い。
補機はボルボペンタ2003の24馬力が搭載されており、幾走で7ノット以上を担保しており、快適で余裕のある計画的なロングクルージングを可能にしている。

航海計器は、GPS、レーダー、オートパイロット、測深機(デプス)、速度計、風向風速計を装備、また、ソーラシステムとインバーターによるAC回路にも対応、コックピットはフルドジャーと大型のビミ二トップで快適なクルージングを提供している。

トランサイドは、居住性の高いキャビンと、高馬力による機走性能を生かして、美しい島々と激しい潮流の作り出す、豊かな自然と幸をめぐる瀬戸内海を思いっきり楽しめるように、東は瀬戸大橋、西はしまなみ海道をクルージングエリアとして、四国の愛媛県にある新居浜マリーナをホームポートとして活動している。

スペック

項目 内容
船舶名 トランサイド
艇種 ウエスタリー
全長(LOA) 38ft/11.58m
水船長(LWL) 10.13m
全幅 3.73m
深さ 1.75m
重量 8.5t
バラスト重量 2,996kg
セールエリア 58.06㎡
乗員 12名
航行区域 限定沿海及び沿岸
エンジン ボルボペンタ・2003R
馬力 24HP/3300rpm
燃料 軽油・132L
清水 265L
バース定員 8名
船体 FRPサンドイッチ積層、スペースドラダー付きフィンキール、センターコックピット、マストヘッドリグ、スループ
装備品 コンパス、GPS魚探、レーダー、風向風速計、オートパイロット、ソーラーシステム、陸電
  • ホーム

最近の投稿

海童を行く 第四回

海童を行く 第三回

下田のビギナーバースから、御前崎を目指して出発だ

海童を行く 第二回

浦賀のベラシスマリーナから四国の新居浜まで、ウエスタリー38のヨットを回航することになった

海童を行く 第一回

船との出会い